会社を未来に残したい!と考えているオーナー社長さまへ

事業を大きくしてきた社長にとって、最後の悩みのたねが”事業承継”ではないでしょうか。優秀な後継者を任命することは、社長にとっての“最後の大仕事”です。社長が有終の美を飾り、事業をうまく引き継ぐためにも、社長が今まで大切にしてきた”おもい”を上手に引き継ぐ必要があります。

事業を承継することは、単に株式や事業用資産の譲渡や相続ということだけではありません。社長勇退ドットコムでは、事業承継を社長のおもいをつなぐものだと考えています。社長がどんなおもいで経営し、事業をとおしてどのような喜びや苦労を感じてきたのか、徹底的にヒアリングさせて頂いております。

”自分のロマンを継いでくれる後継者”がいれば、社長にとって、これほどうれしいことはないと思います。しかし、現実はそのような後継者が身近にいるとは限らないため、なかなか厳しいものです。

事業承継がうまくいかない一番の原因が、動き出すタイミングの遅さにあります。企業価値も下がってからでは、希望どおりの事業承継が難しくなります。そうなってから、事業継承について真剣に考え始めても遅いのです。事業継承を真剣に考えるなら、早めに着手し計画的に承継するのが成功のポイントです。

事業承継が上手く進まない理由

in-three-years2

ある調査によると、事業承継がうまく進まない理由は、主に以下の3つに集約されるそうです。

  1. 後継者と社長の価値観が違う
  2. 後継者とコミュニケーションを取っていない
  3. 周りに事業を継がせたいと思えるような人材がいない

切羽詰まってからではなく、業績が好調の今のうちから、この3点に対して手を打っておくべきなのです。

社長勇退ドットコムが全力でサポートします。

Adviser

社長勇退ドットコムは、「今まで社長が大切に育ててきた会社や事業を、後継者が今後も引き続き営んでくれるかどうか」を大切にし、限りなく理想に近い事業承継を目指しています。

そして、その根本にあるのは、「後継者の幸せ=社長の幸せ」という考え方です。自分の息子に継ぐにしろ、第三者へM&Aにするにしろ、社長が築き上げた事業を承継する”後継者”は、社長の意志を引き継いでいく大切な存在のはずです。その後継者との密接なコミュニケーションなくして、事業承継は成り立ちません。

コミュニケーションの目的は、価値観のすり合わせです。当然のことですが、まずは、後継者は社長の価値観と合う人を選定しなければなりません。そのために、社長勇退ドットコムでは、社長との対話を大切にしています。打ち合わせのほとんどの時間が、価値観の確認作業と言っても、過言ではありません。

納得のいく事業承継がしたいという方は、迷わず社長勇退ドットコムにご相談ください。社長勇退ドットコムが、ガンバる社長と事業の未来をしっかりとサポートさせて頂きます。

事業承継はタイミングが重要

in-three-years4

”事業承継はタイミングが命”です。とは言うものの、全ての企業がベストなタイミングでうまく事業を引き継げるかというと、そうでもありません。残念ながら、事業承継をベストなタイミングで行うことは、極めて難しいことなのです。

そうは言っても、できるだけ望ましいタイミングで事業承継を行うに越したことはありません。

今は業績も好調で経営意欲に溢れていても、予期せぬ問題が表面化してからのご相談ではタイミングが遅過ぎて、納得のいく事業承継ができなくなってしまう可能性が高くなります。「まだ、事業承継は先のことだろう」とお考えの社長も、まずは一度、早い段階での社長ご自身の価値観を明確にしておくことをお勧めします。

事業承継の準備を早めに取り掛かるメリット

  1. 自分の価値観とあった決断ができる
  2. 現状を踏まえた上で、戦略を練ることができる
  3. 後継者とビジョンを語り合うことができる
  4. 決断を腹に落としこむ時間が得られる

本業の傍らで、スケジュールを調整しながら、落ちもれなく段取りを組むことは、忙しい社長にとっては至難の業かもしれません。特に、第三者にM&Aする場合は、弁護士や会計士・コンサルタント等の専門家を使いこなしながら、様々な後継者候補先と交渉しなければならなりません。そんな時、社長の意を汲みとってくれるアドバイザーがいると、心強いものです。事業承継を本気でお考えの方は、ぜひ社長勇退ドットコムまでお問い合わせください。

まだまだ不安材料はたくさんあることでしょう。

checklist

  • 息子とのコミュニケーションをどのように取ったら良い?
  • 第三者にアプローチするにはどうしたら良い?
  • 退任後もまだまだ働く気持ちはあるのだが?
  • 従業員はどうなる?
  • お客さまに迷惑がかからないか?
  • 将来の収入は確保できる?
  • 譲渡した場合の対価はいくら?
  • 承継の時期はどれくらいにすれば良い?

こんな疑問にお応えします。「会社を未来に残したい!」とお考えの社長は、ぜひお気軽にご相談ください。

まずは、以下のお申込みよりお問い合せ下さい。相談は無料です。

勇退の極意
PAGE TOP