事業承継のシナリオを考える

The following two tabs change content below.

磯村 崇


大学卒業後、会計事務所・M&A専門会社(現在、東証1部上場)を経て、平成20年株式会社コスモスコンサルティングに入社。

「答えは、社長の心の中にある」がモットーで、社長の話に真摯に耳を傾け、企業の発展と存続のため、社長と後継者の真の気持ちに重きを置いた事業承継対策・勇退のサポートに取り組んでいる。

筆者の詳しいプロフィールはこちら。 ☞ プロフィール

事業承継の問題に直面したとき、やみくもに突き詰めて考えてはいけません。どのようにしたらその問題を解決できるか、シナリオに沿って考えることが重要です。

事業承継のシナリオ

生きるモード

幸せな事業承継を目指すなら、「どのように生きていくのか」というシナリオを考えることが重要です。人は追いつめられると、ろくな考え方をしないものです。

「こち亀」の両さんもこのように言っています。

「何か悩むとすぐ生きるべきか死ぬべきかだからな!目の前がすぐ真っ暗になり二者択一だ!」

「悩んだら、まず、『生きる』モードに切り換えてからスタートだ!それからどう生きるかを探せばいい!」

「悩むと悪い方向にしか考えないからな!まず、その方向を潰してから明るい方向へと進んで行かねばいかん!」

しぶとく生きる両さんの正論に、おもわずハッとさせられます。

事業に行き詰まったとき、思考停止に陥っていませんか。そんなとき、まずは”生きるモード”に切り替えてから、行動することが重要です。

「未来はバラ色だぞ 楽しい事が山盛りだ!」

考え方のシナリオに沿って考える

生きるモードに切り替えたら、考え方のシナリオにそって事業承継の方向性を書き出して検討していきます。

実際に”ペンを動かして”書いて掘り下げることが重要です。これが、問題解決にたどり着く近道です。

  1. 社長の勇退の具体的なイメージ・事業承継の目的は何か?
  2. 今、実際にどのようなことに悩んでいるのか?
  3. それは、本当に解決できない問題なのか?
  4. なぜ、今まで解決できなかったのか?
  5. 具体的にどのようにしたいと思っているか?
  6. どのような人が引き継いだら、この問題を解決出来るのか?

この順番で考えることが何よりも重要なことです。

幸せな事業承継を目指すには、自分自身に問いかけ、自ら答えを導き出す努力をしなければいけません。

もし、ご自身でできない場合は専門業者に依頼するのも一考です。

管理人イソちゃん
本ブログを、最後までお読み頂きまして有り難うございます。よろしければ、”いいね!”や”シェア”をして頂くと、励みになります。どうぞ応援よろしくお願いいたします。
コメントお待ちしております!

ABOUTこの記事をかいた人


大学卒業後、会計事務所・M&A専門会社(現在、東証1部上場)を経て、平成20年株式会社コスモスコンサルティングに入社。

「答えは、社長の心の中にある」がモットーで、社長の話に真摯に耳を傾け、企業の発展と存続のため、社長と後継者の真の気持ちに重きを置いた事業承継対策・勇退のサポートに取り組んでいる。

筆者の詳しいプロフィールはこちら。 ☞ プロフィール