ブログ

頑張れ!ゼンショーすき家~ワンオペ問題を乗り越えパワーアップせよ~

The following two tabs change content below.
大学卒業後、会計事務所・M&A専門会社(現在、東証1部上場)を経て、平成20年株式会社コスモスコンサルティングに入社。 「答えは、社長の心の中にある」がモットーで、社長の話に真摯に耳を傾け、企業の発展と存続のため、社長と後継者の真の気持ちに重きを置いた事業承継対策・勇退のサポートに取り組んでいる。 詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。 ☞ プロフィール

先日、久しぶりにチャプチェ牛丼を食べたいと思い、すき家に行ったら、残念ながら”パワーアップ工事中”のため、目的を果たすことができませんでした。さて今回は、ワンオペ問題に揺れるゼンショーグループ”すき家”のことについて考えてみたいとおもいます。

すき家スタッフよるストライキ騒動

La Liberté guidant le peuple

人気牛丼チェーンすき家で、ストライキの引き金になったのは、2月中旬に発売した新メニュー”牛すき鍋定食”です。この新メニューが、スタッフの作業を過酷にし、スタッフの不満が爆発。辞める者が続出したのです。結果として、店舗が次々と休業に追い込まれてしまいました。

すき家を運営するゼンショーのサイトを見ると、スタッフの確保が難しく、24時間営業できない店から随時、店舗改装をしているようです。ちなみに、平成28年3月までの2年間で、1,985店舗のうち1,000店舗を改装する予定です。(記事提供元:すき家HP 公募増資の調達資金で「すき家」のリニューアル開始

ゼンショーホールディングスとは

zensyo

ゼンショーホールディングスは、様々な業態の飲食店を傘下に持ち、この10年で売り上げを20倍に伸ばした会社です。その原動力となったのは、革命家出身の経営者、小川賢太郎社長です。

zensho-koyamakentaro

小山社長の生産効率への徹底ぶりは凄まじく、その飽くなき執念と、社員・パート・アルバイトを1つにまとめ上げる統率力で、会社を一気に拡大していきました。そして、今や吉野家を突き放し、売上高でマクドナルドを抜いて、外食産業日本一の規模となった矢先に、今回の騒動が勃発したのです。

ゼンショーの名前の由来zensho

ゼンショーという社名には、「全部勝つ」という意味の全勝と、「善なる商売」の善商、「禅の心で行う商売」という三つの意味が込められており、1982年、創業時に創業者の小山賢太郎が名づけました。

今回の騒動が起きた原因は、”全部勝つ”ことにとらわれすぎて、”善なる商売”と”禅の心で行う商売”のバランスを欠いていたのかもしれません。経営者が勝つためにソロバンを弾くのは良いですが、スタッフがロマンを感じることができなければ、結果は決してついてこないものです。創業当時に掲げたゼンショーの名に込めた”おもい”を思い出し、3つのゼンショーのバランスを保つことが、今求められているのではないでしょうか。

筆者のひとりごと

検索エンジンで企業名と空白を検索すると、”ブラック”という言葉が出てくることがあります。最近、この言葉を安易に使う傾向が増えているような気がします。中にはヒドい企業もあるかもしれませんが、筆者自身この言葉を安易に使うのはあまり好きではありません。ロマンを追い求めすぎて、時には道を踏み外すこともあるかもしれません。その時に、原点に戻ってやり直そうとする人が、再起できる世の中になったらいいなぁと切に思います。

本ブログを、最後までお読み頂きまして有り難うございます。よろしければ、”いいね!””シェア”をして頂くと、励みになります。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【復帰】アップルを追い出され、CEOに返り咲いたスティーブ・ジョ…
  2. ディズニーランドを誘致したオリエンタルランド流おもてなし術
  3. 【Bリーグ】混乱する日本バスケ界を統一した川淵チェアマンの潔い身…
  4. IT企業の聖地シリコンバレーの空気を吸ってきたよ(#^.^#)v…
  5. 新規事業で大失敗を防ぐ3つの方法~事業計画なき社長は去れ~
  6. ”世界一即戦力な男”菊池良の逆就活サイトに学ぶセルフ・ブランディ…
  7. 【プロフィール②】経営者と直接関わりあえる”会計事務所”というお…
  8. こんまり流 絶対にリバウンドしないという覚悟
メルマガ登録

最近の記事

勇退の極意
PAGE TOP