ブログ

黒田官兵衛の人生観~お金や地位や身分に縛られない生き方~

The following two tabs change content below.
大学卒業後、会計事務所・M&A専門会社(現在、東証1部上場)を経て、平成20年株式会社コスモスコンサルティングに入社。 「答えは、社長の心の中にある」がモットーで、社長の話に真摯に耳を傾け、企業の発展と存続のため、社長と後継者の真の気持ちに重きを置いた事業承継対策・勇退のサポートに取り組んでいる。 詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。 ☞ プロフィール

NHK大河ドラマ”軍師官兵衛”面白くなってきましたね。主人公官兵衛が、荒木村重による一年余りの幽閉からようやく開放されました。今までは、見ていてつらい場面が多かったですが、これからは怒涛の活躍が期待されるのでとても楽しみです。

さて今回は、戦国最強のNo2”人情家黒田官兵衛の人生観”を探っていきたいと思います。

この記事は、こんな人におすすめです!
  • 軍司官兵衛のことについて知りたい人
  • 作戦を考えるのが好きな人
  • 自分に運がないと感じている人

軍師という職業のイメージ

kurodakanabe02

photo credit: asahi

読者の中には、黒田官兵衛は、腹黒い策略家というイメージを持っている人が多いかもしれません。確かに、作戦や計略を考えめぐらす軍師という職業は、腹黒いというイメージがつきまといます。戦国時代の軍師ともあれば、人に対する鋭い洞察力がなければ、とても勤まるものではありません。しかし、官兵衛は策略家だけでなく、人情家としての一面が多く見られる軍師でもありました。

苦労をしているからこそわかる人の気持ち

suffering

photo credit: diloz via photopin cc

黒田官兵衛は、順風満帆な人生を歩んだ軍師ではありませんでした。その最たる例は、冒頭でも申し上げた荒木村重による有岡城幽閉です。御着城の城主・小寺政職に裏切られ、信長からも疑いの目を向けられます。ホント、かわいそすぎです。囚われの身となった牢屋は、有岡城内の光の差し込まない場所にあり、湿度の高い劣悪な環境にあったと言います。天井は低いため自由はききません。また、近くに溜池があったため夏場は蚊に刺され、冬場は寒さで身を震わせるという環境です。息子の松寿丸は打ち首にされ(結果として生きていたが)、助けはいつくるかわからない。よほど強靭な精神力がなければ、一年も幽閉に耐えることはできません。

このような劣悪な場所に一年あまり閉じ込められていたため、膝は曲がり、皮膚病を患い、頭にはノミやシラミの影響で瘡ができてしまいました。その姿に、化け物のようだと形容されたこともあったそうです。官兵衛にとって、失ったものは大きかったのですが、そこで得たものもまた大きいものでした。

家臣の忠義と、生かされているという価値観

photo credit: Adrian Dreßler via photopin cc

photo credit: Adrian Dreßler via photopin cc

官兵衛を有岡城から救い出したのは、栗山善助たち家臣団でした。戦国時代なので、明確に幽閉されたという情報はありません。もしかしたら、暗殺されているかもしれないという状況下での救出劇です。栗山善助らは、商人に変装し、門番を買収して、幽閉された官兵衛の身の回りの世話をしていました。忠義あふれる部下の存在は、幽閉されていなければ、なかなか気付けるものではありません。

また、死に直面することにより、生に対する価値観も大きく変化しました。死とは何かをもう一度問い直し、人生をいかに生き、いかに締めくくるかを考えるきっかけとなりました。このことは、「我 人に媚びず 富貴を望まぬ」という官兵衛の残した名言にも現れています。

我 人に媚びず 富貴を望まぬ

photo credit: h.koppdelaney via photopin <a href="http://creativecommons.org/licenses/by-nd/2.0/"

photo credit: h.koppdelaney via photopin

謀略を得意とし、様々な人間の裏切りや末路を見てきた官兵衛は、人間の本質を見抜いていた気がします。だから、お金や地位があってもそれが自分の身を滅ぼすきっかけになることを、知っていたのかもしれません。

晩年、官兵衛は自分に天下取りの野心がないことを秀吉に示すために、家督を長政(松寿丸)に譲ります。これは、父である黒田職隆(もとたか)が、御着城の城主・小寺政職に疑われた時にしたことと同じです。運命のいたずらというには、あまりにも悲しい結末です。でも、官兵衛はそんなことにはめげません。”命あっての物種”ということを身にしみてわかっていたのでしょう。

改名して”如水”と名乗る

photo credit: _MaRiNa_ via photopin cc

photo credit: __MaRiNa__ via photopin cc

家督を長政に譲った後、官兵衛は名を”如水”と改名します。この如水という名前について、イエズス会の宣教師のルイス・フロイスによれば、『出家して今までの功績も財産も泡沫のように、水の如くに去って行ったと語りながら、自らを「如水」と名乗った』と記しています。これは、「俗世に何の未練もなく、心は水のように清くありたい」という官兵衛の権力に対する強い意志の表れとして捉えられています。

筆者のひとりごと

信長・秀吉・家康に仕えた天才軍師・黒田官兵衛。戦国時代において、「負けない・裏切らない・命を無駄にしない」ことを大切にしたその生涯には、学ぶべきことがたくさんあります。きっと、水のように心穏かに過ごすことで、冷静に人の心理を読み取り、最善の方法を瞬時に模索していたに違いありません。

本ブログを、最後までお読み頂きまして有り難うございます。よろしければ、”いいね!””シェア”をして頂くと、励みになります。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. レゴ社の創業一族から再建を託された従業員クヌッドストープ
  2. 【LVMH】ブランド帝国を築いたベルナール・アルノーのM…
  3. 【必見】忙しいビジネスマンのためのよくわかるONE PIECE講…
  4. 新規事業で大失敗を防ぐ3つの方法~事業計画なき社長は去れ~
  5. 【争う続】大塚家具から学ぶ親子げんかを防ぐ事業承継の方法
  6. 【訃報】任天堂のカリスマ岩田聡社長の急逝におもうこと
  7. 【驚愕】映画”アイアンマン”のモデルになったテスラ社イーロン・マ…
  8. 北海道の雲海テラスがヤバい!~星野リゾートがトマムでみつけた宝物…
メルマガ登録

最近の記事

勇退の極意
PAGE TOP